スポーツ知識

脇を締める効果とは?簡単なやり方!アスリートの9割が知らない秘密とは

スポーツの世界、武道の世界でよく言われる脇を締めろ!

脇を締めろ!と言われて脇の下に力を入れてしまう人がいると思いますがこれは間違いです。

 

 

ネットで調べても出回っていないのか、なかなか知られていない。

というか古武術の世界で知られている動きだったのですが細かい使い方までは紹介されていない。

今回は細かく説明していきたいと思います。

 

 

 

 
 

 

脇を締める効果!

簡単に言えば腕と背中、肩甲骨周辺の筋肉を連動させるために必要な動き。

人間の体は複雑で腕だけを動かす事もできるが腕と肩甲骨を連動させる事もできる。

肩甲骨は骨盤と連動すると言われています。

 

 

脇を締める事で前鋸筋が動き腹斜金が動き横隔膜や腹横筋、大腰筋が筋膜を伝わって使えるようになります。

脇を締める事でインナーマッスルと言われる筋肉が使えるようになる。

 

 

その結果、関節を固めずに体を柔らかく使えるというわけです。

肩に変な力が入らないため肩こりの予防につながる。

 

肩甲骨にテンションがかかるため猫背が解消されます。

猫背でいる方が辛くなる。

 

 

このように運動面や生活面でもメリットは大きい。

 

 

スポーツのパフォーマンス向上

腕と肩甲骨を連動させるため強い力を安定して出せるため、スポーツでは有利です。

脇を締める事で体にスイッチが入るためボールを投げたり、バットを振ったりなどの動きも良くなる。

更に言えば肩甲骨と骨盤が連動してるから走るのも速くなる。

 

 

 

 

手作業の効率アップ

荷物を持ったり持ち上げたりする作業も効率が上がります。

また、肩甲骨が使えるため腕に力を入れなくても良くなります。

単純に腕への負担は減ります。

 

工作をする時など腕に変な力が入らないため

手が震えたりとかもしないし、肩甲骨で腕を支える事が出来るから非常に精密な動きが出来ます。

昔の浮世絵とかで大工仕事とか料理をしている人が描かれていますが脇がしっかり締まってる。

 

 

 

肩甲骨がゴリっと立ってる感じがよく分かる。

 

 

脇が締められるようになってから改めて見るとよく分かる。

 

 

肩甲骨周辺の筋肉が鍛えられる。

腕と肩甲骨を連動させて効率良く動かすため
肩甲骨が使えていない人は肩甲骨周辺の筋肉がかなり刺激されます。

僧帽筋、肩甲挙筋、菱形筋を効率良く使えるため素振りで肩が痛くなってた人は今度は背中が痛くなります。

 

 

試しに竹刀とかバットを振ってみると筋肉への刺激が違う事がわかると思います。

 

 

 


 

 

コツは肘にある!

脇の下を締めるのは肘です。

やり方は簡単で腕を前に伸ばした状態で肘を時計回りに回転させ肘の内側が上を向くようにします。そこから更に時計回りに回転させると脇の下が締まる感覚を感じられると思います。

写真みたいな感じで関節を動かす。

 

 

 

慣れれば腕を万歳しても脇を締めていられる。

 

 

腕もある程度、自由に動かせます。

スポーツをする際にギクシャクしないと思います。

腕を振ったりすれば肩甲骨と腕が連動する感覚が分かる。

 

 

 

こうなると自然と強い力が出せるのでパフォーマンスは向上します。

走ったり投げたり振ったりするのもやり易く快適と感じるかもしれません。

 

 

 

上手くいかない理由

脇が締められないのは肩や肩甲骨、脇の下で直接、脇を締めようとするからです。

肘を時計回りに回して締める方法以外でも脇が締まるけど、筋肉で締めているからすぐにリセットされてしまう。

 

 

 

腕を万歳してしまえば肩や肩甲骨では締められない

締められない事もないかもしれないが効率は悪い。

脇の下は筋肉じゃなくて骨で締める。

 

 

 

脇を締めるデメリット

血行が悪くなるのかたまに頭が痛くなります。

慣れの問題かもしれませんね。

ブログ書きながら検証しているので変な歪みが体に出てしまったのかもしれません。

 

 

詳しい理由は分からないけどそういう事が起きる事もあります。

 

 

まとめ

 

腋を締める方法は肘を時計回りに捻る。

捻った状態なら腋はしまったままで肩甲骨と腕が連動します。

 

 

脇を締める効果は

 

  • 腕と肩甲骨が連動するので強い力が出せる
  • 投げるとか振るといった動作が楽に行えるし腕に変な力が加わらない。
  • 工作をするときに腕を肩甲骨で支える事ができるため精密な作業ができる。
  • 肩に変な緊張がなくなるため肩こりの予防にもなる。
  • 背中の筋肉が引っ張られるため猫背が解消される。

 

良いことだらけですが、具体的なやり方が知られていない事が不思議なくらいです。

 

 

ではでは(^ω^)ノシ

 

 

この記事もおすすめ

縮地法のやり方を独自の理論で解説、ポイントは後ろ足!

 

ナンバ歩きのやり方?手と足を同じように振るのは嘘!

 

肘をくるくる回す方法とは?何の役に立つ?古武術の動画で見かけるやつが出来るようになった。

 

 




 

 

 

-スポーツ知識
-

© 2021 トリビアとノウハウノート