食事の雑学

カレールーを溶かすコツは?誰でも簡単にできますよ。ダマになったら面倒くさい

カレーを作る時にありがちな失敗ってカレールーが上手く溶けなくてダマになってしまい

なんだか粉っぽいカレーになってしまう事ですよね。

カレールーを使ってカレーを作る時に大事なのはカレールーを入れる温度です。

 

 

見た目が美味しそうでもカレールーがダマになってたらテンションも下がる。

ダマになったら具材を取り出して

 

  • 泡だて器で大きく混ぜ続ける
  • 漉し器で漉して塊を取り除く
  • ブレンダーなどで撹拌して滑らかにする

 

超面倒くさいうえにやらないと美味しくならない

なるべくダマにならないようにしたい

でも、そういうのって難しいと思ってしまいがち。

 

しかし、カレールーを上手に溶かすポイントは本当に簡単でした!

 

 

分かってしまえば100パーセント成功すると言っても過言じゃない。

 

 

 


 

 

 

 

 

カレーを上手く溶かすコツ!

 

カレールーにはカレーの作り方が紹介されていますが

 

きちんと火を止めてルウを溶かしてくださいと書いてあります。

なので@kesuikemayakuはカレールーを入れる時は火を止めて5分くらい放置した後にカレールーを入れます。

 

 

 

 

カレーを4等分ずつ割っていれてお玉で鍋の中身をよ~く混ぜるとカレールーがきれいに溶け込みます。

 

 

 

そうやって作ると粉っぽいというかダマになって食感が悪くなったり味の濃いカレールーの塊があったりする事はない。

 

カレールーを入れる温度は?

カレールーを入れる温度は沸騰している100℃ではダメ

水が沸騰する程の温度だとカレールーに含まれる小麦粉が固まってしまう。

正確に言うと小麦粉に含まれるデンプンが急激に糊化してしまう。

 

 

 

カレールーの中にあるデンプンが糊化して膜を張るので溶けません。

 

 

 

だから、糊(のり)状になってしまうときれいに溶けなくなる。

ちなみに溶け切った後に再加熱するのはデンプンを糊化させてとろみを出すため。

 

 

 

カレールーを入れる温度は90~80℃くらい5分くらい放置した後に火を止めた状態でカレールーを入れて

 

 

 

 

 

火を点けずにゆっくり鍋をかき回していくときれいにカレールーは溶ける。

カレールーだけではなくシチューのルーでも同じ。

小麦粉のデンプンが急激に変化してしまわないように火を止めてから溶かす。

 

 

 


 

 

 

 

ダマが出来てしまったら?

溶け残ってダマが出来てしまった時の対策としては

  • 泡だて器で大きく混ぜ続ける
  • 漉し器で漉して塊を取り除く
  • ブレンダーなどで撹拌して滑らかにする

 

 

 

 

とにかくかき混ぜてルーを溶かしていくか

漉し器で漉して溶け残った部分を取り除く

もしくはブレンダーを使って攪拌というか高速でかき混ぜて粉々にしてしまう。

 

 

 

 

ダマになってしまったら鍋の火を止めてとにかくかき混ぜたり漉したりするしかない。

ポイントは必ず火を止める事です。

火を止めないとカレールーの糊化が止まらないので火を止めて少し冷ましつつかき混ぜるのがベスト。

 

 

 

 

加熱するのはルーが混ざってからですよ~

 

まとめ

カレールーを上手く溶かすコツは

 

  • 鍋の火を止めて5分くらい放置、粗熱をとってからカレールーを入れる
  • 火を止めたままカレールーを鍋の中でよくかき混ぜて溶かす

 

 

 

アツアツ(沸騰した水)の状態でカレールーを入れると必ずダマになるので要注意!

 

 

 

 

はっきり言ってカレーライスで失敗したってカレールーがダマになったとか玉ねぎを焦がしたとか

もしくは隠し味を入れすぎたくらいしか失敗しないとみた

 

ではでは(^ω^)ノシ

関連記事

 

カレーの雑学13記事まとめ

 

 


 

トップページ

-食事の雑学
-, , ,

Copyright© トリビアとノウハウノート , 2020 All Rights Reserved.