日記

白鵬のかちあげ(エルボー)は見苦しい?そんな事を主張する力士は甘ったれ!

白鵬のかちあげがエルボーのようだ!
見苦しい!勝てばいいのか!

こんな批判があるけれど、相撲というのは極限まで厳しいルールをしいた何でもありの武道。

 

 

死なないように最低限のルールはあるけど基本的には禁じ手なし

打撃は拳を使わないだけ、胴体への蹴りは禁止しているけど足技もある。

柔道で禁止している技さえ有効。

 

 

立ち関節である閂(かんぬき)や鯖折りなど

力士でなければ耐えられないようの危険な技が多い。

そもそも頭突きすら許容する格闘技なのに肘の攻撃が見苦しいというのがおかしな話。

 

 

 


横綱相撲を強要してない?

横綱相撲とは辞書で調べると正面から相手を受け止め圧倒的な力の差を見せて勝つ事。

つまり、相手のがっつり組んで勝つ電車道みたいな勝ち方を横綱になったらやれという。

 

 

白鵬みたいな張り手やかちあげで相手を突き放すのは見苦しいという理屈。

武道をやっている人、スポーツをやっている人なら分かると思いますが得意技を磨いて勝つ事の何が悪いのか?

反則技ではなく普通の必殺技を封印させることは実質的な敗北宣言であり競技者として恥ずべき事だと思います。

 

 

 

白鵬のかちあげを封印させるというのは殿堂入りと同じ

白鵬のかちあげを封印させるのは反対です。
それは全ての力士が白鵬に負けたのと同じだからです。

 

 

 

例えばボクシングのチャンピオンに

 

「あなたの右ストレートを多用して勝つ姿は見苦しいから使うな」

 

 

そういう事を主張したらどう思いますか?

 

 

 

恥ずかしくないですか?
プロボクサーファンがそんな事を言ったら軽蔑されます。

 

 

しかし、相撲ではまかり通る。

もちろん、相撲協会が文句を言ってるだけで力士がそんな事を言ったという話は聞きません。

当たり前です、そんな事を言う力士がいたら親方が恥ずかしくて引退させるレベル。

 

 

 

まあ、個人の見解ですが

ちからをつかさどる存在が甘っちょろい事は言えない。

 

 

 

問題なのは「何故、勝てないのか?」

白鵬は張り手やかちあげが強い力士だというのは分かっている。

録画もできるはずですから研究すれば対策もできる。

 

 

なのに何故、勝てないのか?

 

 

それは他の力士が弱いからなのかそれとも違う理由があるのか?

荒っぽくて強い横綱をどうやって倒すのか
それが見たい

 

 

白鵬を攻略すべく何回も動画を見て傾向と対策を考えているはず。

勝てない、品がないと外野がどれだけ騒いだところで白鵬が強い事は変わらない。

 

張り手やかちあげを打ち破って勝つ、もしくは張り手を出させないで勝つ事ができれば勝てる。

 

 

 


 

白鳳の人柄が問題?

白鵬の人格というか性格が批判される原因なのかもしれません。

相撲の取組で勝負がついた後の態度が問題だ!
みたいな事を言う人もいます。

 

 

確かに荒っぽくて見苦しいと感じるかもしれません。

そこはきちんとしろと注意すべきですね。

ただ、白鵬の技を批判するのは違うと思う。

 

 

 

ちびっ子相撲と大相撲を同一視してる人が多すぎる。

危険な技だから止めろというなら相撲そのものを中止した方が早い。

 

 

 

相撲というのは極限の闘い

相撲という格技は鍛え上げ体を筋肉と脂肪で固めかつ柔軟性も高い力士が

全力で相手を土俵から出す足の裏以外を土につけるため

短距離走のように闘うのが相撲。

 

 

 

しかも、禁じ手は極めて少ない

 

 

 

この極限バトルは一瞬で勝負がつくから安全に思えるけど、鍛えた力士じゃないとあっという間に大けがする。

白鵬がどうのこうのではなく力士全員がそう。
だから、神事として成立するし、娯楽性も強い。

 

 

まとめ

白鵬の相撲が見苦しいとか言ってるけど
相撲というのはスリリングでエキサイティングなもの。

 

 

シンプルなルールでありながら何でもあり
他の格闘技では考えられない頭突きやかちあげ、なんかも許容範囲という

白鵬のかちあげを封印させるというのは相撲が白鵬に負けるのと同じである。

 

 

武士道精神がないあいつは正々堂々闘う気がないとか言ってる人は武道の本質を理解していない。

 

 

ルールに違反してなければいいのか!勝てばいいのか!

 

 

勝てばいいんだよ!

 

 

ルール違反ではない限り正々堂々と闘っている。

白鵬の強さを認める事から始めるべきだろう。

今の白鵬批判が日本人として恥ずかしい

ではでは(^ω^)ノシ

 

こちらの記事もおすすめ

縮地法のやり方・使い方を独自の理論で解説、ポイントは後ろ足!

 

 


 

 

 

トップページ

-日記
-

Copyright© トリビアとノウハウノート , 2020 All Rights Reserved.