日記

お彼岸の話

 

 

秋分の日にお彼岸、お墓参りをする人もいるとおもいます。

 

でもお彼岸って実は良くわかってない人も多いのでは

ただ何となくお墓参りをしているのもちょっとな〜

と思っていろいろ調べてみました。

 

お彼岸は春と秋にあります。

 

 

 


 

 

いつからいつまで?

彼岸には春彼岸と秋彼岸があります。

それぞれ、春分の日(3月21日頃。その年により変動)、秋分の日(9月23日頃。その年により変動)

を中日として、その前後の3日を合わせた7日間を彼岸といいます。

 

 

2014年のお彼岸
【 春彼岸 】
3月18日:彼岸入り
3月21日:彼岸の中日(=春分の日。祝日)
3月24日:彼岸明け

 

 

 

【 秋彼岸 】
9月20日:彼岸入り
9月23日:彼岸の中日(=秋分の日。祝日)
9月26日:彼岸明け

春の彼岸を「彼岸」「春彼岸」と呼ぶのに対し、

秋の彼岸を「のちの彼岸」「秋彼岸」と呼び分けることもあります。

 

 

 

春分の日(しゅんぶんのひ)と秋分の日(しゅうぶんのひ)があり。

その頃に太陽が真東から昇って真西に落ちる

 

 

お彼岸と太陽

 

お彼岸は太陽と密接な関係にあります。

彼岸という言葉は、サンスクリット語の「パーラミター」の漢訳「到彼岸」の略だといいます。

元々仏教の用語で、「煩悩に満ちた現世である此岸(しがん)を離れて修行を積むことで煩悩を脱して、

悟りの境地に達した世界(彼の岸)に到達する」という意味をもちます。

 

 

 

現代の私たちが普段使っている「お彼岸」という言葉は、修行を経て悟りの世界に達したというよりも、

彼岸の期間に寺院で行われる彼岸会と呼ばれる法要や、先祖供養の意味で用いられることのほうが多いです。

仏教では、生死の海を渡って到達する悟りの世界を彼岸といい、

 

 

 

その反対側の私たちがいる迷いや煩悩に満ちた世界を此岸(しがん)といいます。

そして、彼岸は西に、此岸は東にあるとされており、太陽が真東から昇って真西に沈む秋分と春分は、

彼岸と此岸がもっとも通じやすくなると考え、先祖供養をするようになりました。

 

 

 

 

 

 

日本は仏教と神道が混ざっているからですね

本家の仏教に太陽信仰というか自然信仰ってあんまりなかった気がします。

お正月とかの神道の行事とかも受け入れつつお釈迦様の教えも受け取っている

 

春とか秋は種植えとか収穫に季節だからそういうのも含めてご先祖様に感謝ってことなのかな?

「お日願」ともかけているという説もあるよ。

 

日本の神様は八百万だからな~

 

いろいろルーズだよね

 

 

 


次のページへ >

-日記
-, ,

© 2021 トリビアとノウハウノート