日記

児童型ラブドールを批判する人がいるけど何が問題?

児童型ラブドールという物があるらしい。
これに対してツイフェミが怒っているのだけど

はっきり言って馬鹿げている。
児童虐待につながるうんぬんの話。

 

 

 

現実とフィクションをごっちゃにして語るようなもの

道具に対してどんな偏愛を向けても実在する少女に被害が出なければ問題はないと

@kesuikemayaku は考えます。

 

 

 

実在する少女に対して虐待を行った人と児童型ラブドールを愛用してる人は別物。

当たり前だけど実在のモデルがいない児童型ラブドールを使っても傷つく人はいない。

そりゃもう実在する少女に見せつけるみたいな事をしなければ害はない。

 

 

 

 

内心の自由はある

内心の自由は保障されるべき。
犯罪的な行為であっても考えるだけ紙の中で表現するのは自由だし、お人形さんに性欲をぶつける事に対して何ら文句はない。

その行為を他人に見せつけたりしなければ特に害はない。

 

 

 

思うだけ、擬似的な行為だけの物を禁止するのは如何なものか?

人によっては小児性愛は思うだけでも罪だ!

と謳っちゃう人がいるけど

 

 

それはやり過ぎ。

考えるだけなら罪にはならない。

 

 

 

ツイフェミさんが騒いでるだけ

Twitterでツイフェミさんが騒いでるだけ。
ラブドールの問題ってエロアニメやエロ漫画に登場する児童を規制するかの話と同じ。

 

 

 

なまじ、三次元だから勘違いしそうになるけど
魂の入ってないものであり、無機物。

 

 

 

男だって女がラブドールを使っていたら嫌だろう?って主張があったりするけど

別に?仮に男性型の人形を女性がボコボコに殴っていたとしてもストレスが溜まってるのかな?

 

 

 

くらいにしか思わない、自分が殴られているわけでもないし、他人が殴られてるわけでもない。

人形を殴っているだけなら、何も感じない。

 

 

 

無機物と有機物の区別がつかないのはダサくない?

ツイフェミさんって基本的に無機物と有機物の違いが分かっていない。

批判する対象は変態で低脳だと思ってる。

じゃないとあそこまで批判できるのはおかしい。

 

 

 

無機物と有機物の違い、命ある人間と人造の道具を区別できないのはどうなんだろう?

シリコンと生身の人間の区別がついてないのはおかしい。

 

 

 

使用してる人はもちろん無機物と有機物を区別している。

そして無機物と有機物の間には超えられない壁がある。

 

 

そもそも他人の目に触れるような事じゃない

ぶっちゃけた話、ラブドールを買う事自体、誰の迷惑にもならない

買った後も誰の目にも触れないように保管して使うわけだし。

誰にも迷惑をかけているわけじゃないし、そもそも他人に見せびらかしたりするもんじゃない

 

 

何が問題なのか?

 

 

 

犯罪につながるエビデンスがない

Twitterで児童型ラブドールを使っている人は重度のロリコンでいつか

性犯罪に手を染める!

 

という主張なんですが、なんか証拠でもあるんですか?

 

 

児童虐待で捕まる人間、性的虐待で捕まる人間の9割が児童型ラブドールを持っていたら信憑性があるし

そういう性癖がない人間も染めてしまうほどの魔力があるとしたらそうなのかもしれないけど

 

 

そんなものはない

 

麻薬のように人間性をぶっ壊す証拠はどこにもない。

 

 

まとめ

児童型ラブドールを使う事を批判されているけど

 

  • ラブドールは無機物
  • 犯罪につながる可能性は低い
  • 他人の目に触れない

この3点があるから批判する意味が分からない

 

 

ラブドールだから色眼鏡で見てしまうのは仕方ないけど

関わろうと思わなきゃ一生、関係なく生きられる。

 

 

そういう領域にズカズカ踏み込んでくるから

愛好家から見たら鬱陶しいし、賢い大人はどうでもいいと思っているんじゃないでしょうか?

 

 

守るべきはリアルな少女であって人形を攻撃しても子供は守れない。

こういう反論しにくいデリケートな趣味に踏み込んでくる人間が@kesuikemayakuは嫌いです。

いつか自分の性癖へ無神経にズカズカ踏み込んでくる可能性もあるし

 

 

誰にも迷惑をかけていない趣味に文句をいう奴なんか最低です。

 

ではでは(^ω^)ノシ

この記事もおすすめ

児童ポルノ禁止法が改正、単純所持も罰則に!

 

 

海外では2次元の児童ポルノも規制対象なんだけど日本はなぜ規制しないのか?

 

 




 

-日記
-

Copyright© トリビアとノウハウノート , 2020 All Rights Reserved.