食事の雑学

美味しいアイスコーヒーの作り方!ドリップして作り置きしておけばいつでも飲める!(動画あり)

更新日:

美味しいアイスコーヒーを作るには抑えておくべきポイントがあります。

変な煎れ方をすると苦味が強いだけのコーヒーになってしまいます。

 

今回はアイスコーヒーの美味しさを引き出す煎れ方を紹介します。

 

,

参考動画

アイスコーヒーの作り方説明

アイスコーヒーの作り方はいろいろあります。

 

コーヒーポッドを氷水で冷やして作る。

まず、常温のポッドにお湯を注ぎます

コーヒーポッドを火にかけないこれが美味しいコーヒーのコツです

次にペーパーの端を折ります。

SnapCrab_NoName_2015-7-28_9-49-43_No-00

 

 

 

 

 

そして普通にコーヒーを点てていきましょう!

粉の粗さは中粗挽き粉3杯分でコーヒー4杯分、600ccの抽出をします。

まず、最初に蒸らします。

40ccくらいのお湯を入れて45秒ほど待ちます。

SnapCrab_NoName_2015-7-28_9-53-43_No-00

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ポタポタとコーヒーが落ちてきたらお湯を注ぐのを一旦止めます。

2回目は真ん中からお湯を注ぐ、真ん中から回しながらお湯をそそぐ

SnapCrab_NoName_2015-7-28_9-56-53_No-00

 

 

 

 

 

 

 

 

1回目、2回目は濃いコーヒーになるのでお湯の量は少なめ、3回目から注ぐお湯の量を少し多くする

600ccになったらいつもどおり切ってください。

SnapCrab_NoName_2015-7-28_10-0-37_No-00

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

素早くコーヒーメーカーごと冷たい氷水につけて粗熱を取ります。

熱を素早く冷やす事で美味しさが劣化しない。

粗熱をとったら冷蔵庫に入れましょう。

粗熱を取る時間が短ければ短いほど美味しいコーヒーになる。

冷めるまでの時間をどれだけ早くするかが勝負ですね

 

基本は早く冷ますことなんですが、一部の素晴らしコーヒーは最初の農園から素晴らしいコーヒーです。

そういうコーヒーならば常温で冷めても味がいい、また、冷めていくうちに味が良くなるインプルーブという特性なんですがそういう品質をもつコーヒーもある

そういう特別なコーヒーの場合は最初の1杯はホットコーヒーで飲んで後はアイスコーヒーにするなんて楽しみ方できますよ。

 

作ったアイスコーヒーは飲みたいときに冷蔵庫から取り出せば1~2日間はおいしく飲める!

毎日、コーヒーを飲む人にはピッタリですね。

 

コツさえわかれば自宅で美味しいアイスコーヒーが楽しめますよ。

 

今回はコーヒーメーカーを冷やしましたがすぐに飲むならたっぷりの氷を入れたコップにコーヒーを入れて急冷するやり方もありますよ。

 

 

濃い目に水出し抽出

用意するもの

コーヒー粉 35g(浅煎り・中細挽きがベスト
・水 500ml
・コーヒーサーバー
・ペーパードリッパー 1枚

 

手順

  1. コーヒーサーバーに粉と水を入れ、スプーンでゆっくりかき混ぜてください。
  2. そのまま冷蔵庫でひと晩置きましょう。
  3. 翌日、ペーパードリッパーで濾したら完成!

 

適度な容器に粉と水を入れて一晩!

後はペーパードリッパーで粉とコーヒーを分離させる。

 

水で作ったからホットコーヒーから作る時みたいに酸化する事がないのがポイント!

 

粉をお茶パックに入れて水出しすればペーパードリッパーを使う必要はないかもです。

 

 

 

美味しいアイスコーヒーで暑い夏を乗り切りましょう!

ではでは(^ω^)ノシ

 

豆製品の12記事まとめ

 

-食事の雑学
-,