スポンサーリンク
ブログ検索

銭ゲバ

前澤社長のお年玉企画、ビジネス的な視点で分析してみた。

投稿日:

2019年1月、ZOZOTOWNの前澤社長がフォローとRTをしてくれた人、100人に100万円を渡す総額1億円のキャンペーンを行いました。

私財の中から1億円を払って得た物は何だったのか?

@kesuikemayakuは前澤社長は安い買い物をしたと思っています。

1億円というのは庶民には高額ですがZOZOTOWNの社長ともなれば端金です。

 

 

たった1億円で集めたフォロワーが5,404,808人

約540万人のフォロワーを手に入れました。

この数字は充分な影響力がある数字です。
前澤社長は540万人に情報を流す事ができる。

 

 

Twitter上に一つのメディアを作り上げた。

 

スポンサーリンク

 

SNS上での影響力

前澤社長はTwitter上において絶大な影響力を持った存在になりました。

仮に前澤社長が「渋谷にある〇〇ってお店のスイーツがめっちゃ美味い」とか「このお店、安いしおばあちゃんが可愛いし味も最高」

なんてつぶやいたらそれだけでお店が流行るレベル。

 

 

 

540万人を相手にいろいろなアクションが起こせる。

この影響力はテレビにCMを流さなくても大丈夫なレベル。

 

 

 

むしろ、闇雲にテレビCMやるより、コミュケーションというか情報を流してファンになってもらったフォロワーさんに直接CMを流した方が売上が上がる。

フォロワーさんに対してアンケートをしたり分析ができる。

 

 

独自のキャペーンが出来て他の通販サイトよりも優位に立てる。

テレビCMよりもTwitter上でCM流したりプロモーションした方がいい

 

リストマーケティング的な視点で分析

ブロガー、というか名簿で商売するビジネスマンの視点からしたらZOZOTOWNが倒産しても前澤社長は起業して即座に持ち直せるレベル。

圧倒的なセールス、プロモーションを仕懸けれられる。

リストマーケティングを学んだ身としては羨ましすぎる。

 

 

 

ついでにメルマガのリストが1件1000円と言われてる中で前澤社長は2〜300万人くらいフォロワーを増やしているという事は

メルマガリストで同じくらいのリストを集めると300万人で30億円かかります。

アクティブユーザーが300万人のうち7割くらいだったとしてもセールスをしたらアホでも稼げるレベル。

 

 

 

知名度の上昇

ZOZOTOWNの社長なんてみんな知らなかったけれど

このお年玉企画でだいぶ知名度が高くなった。

 

 

企画に参加した人はもちろんだけど

企画に参加しなかった人にも名前が知れ渡った。

知名度が高い方が信頼度も上がるのでビジネスがしやすくなる。

 

アップルだったらジョブズ

 

マイクロソフトと言えばビルゲイツ

 

ZOZOTOWNと言ったら前澤

 

という風に認知されるんじゃなかろうか?将来的には

 

スポンサーリンク

 

プレゼント企画を成功させるメリット

プレゼント企画って詐欺が多い割に被害者もいない場合が多い。

単純にプレゼント企画をでっち上げてフォロワーを増やしたいだけというのが一般的な認識

とにかく胡散臭いイメージ、しかし前澤社長はブランド力と財力できちんとお年玉企画を成功させています。

 

 

 

お年玉企画に参加した人は100万円欲しさにフォロワーになったみたいな認識の人がいたりしますけど。

大部分は宝くじを買うような気持ちでフォローとRTをしていると思います。

当たらないだろうけど、面白そうというのが大半ではないでしょうか?

 

 

 

前澤社長は当選した人にDMの画像や100万円当たりましたツイートをしてもいいですよとメッセージを送っています。

これが大きい、不特定多数からランダムに当たりましたツイートがあればきちんとお年玉の100万円を渡したという事になります。

これにより企画をきちんとやり遂げる能力が証明されて次の企画からもっと色んな人が参加してくれるようになるはずです。

 

 

 

例えばZOZOTOWNの割引クーポンについてツイートしてみたりするのは序の口として

CMに出演してくれたモデルさんの秘蔵写真を公開とか。

もしくは抽選で限定商品をプレゼント🎁

 

 

 

今回みたいなお年玉企画、更に言えばInstagramなど他のSNSへの進出も簡単になった。

SNSにおける攻略法の一つとして充分な実績を作ったと言えます。

 

 

誰でも成功できるわけじゃないお年玉企画

お年玉企画を成功させた前澤社長を真似てお年玉企画をやる人も増えるかもしれないけど

お年玉企画を成功させるポイントは

Twitterの公式マークがついてる。
きちんとコミュケーションを取る。

 

 

お金をきちんと配る。

この3つ、何よりもある程度の知名度が必要。
全くの無名な奴がお年玉企画をしても怪しいだけ

身元がきっちりしている人じゃないと動いてくれない。

 

 

仮にkesuikemayakuが100万円を100人に配る、お年玉キャンペーンをしても誰も相手にしてくれない

きっと「誰やねん、お前」で終了。

 

 

これがイラストだったり、情報だったりすればハードルは下がるけど

宝くじのように当選者にお金を渡すというのは企画を成功させる難易度が高い。

前澤社長のように身元がしっかりしていて尚且つ知名度があれば成功できる。

というか、成功させないとZOZOTOWNの評判が落ちるから成功させるしかない。

 

 

まとめ

前澤社長はこのお年玉企画で

 

  • Twitter上に独自メディアを作った。
  • 知名度が急上昇。
  • 信頼と実績の確立

 

ビジネスをする上で必要な顧客候補リストと知名度、企画を成功させた信頼と実績

 

こういうお年玉企画で詐欺師みたいな事をするのではないか?みたいな意見があったりしますが

ここまで大々的にやってそんな事をしたらZOZOTOWNが潰れてしまうし、リストは転売するよりも自分で使った方が美味しい

リストを転売するやからって自分じゃセールスができないから売るだけで自分でビジネスできる人なら絶対に売らない。

 

 

ではでは(^ω^)ノシ

 

スポンサーリンク

-銭ゲバ
-,