面白いトリビア

日本刀の起源とは?蕨手刀が進化したものらしいけど

日本刀と起源については蕨手刀と言われる。

蕨手刀というのは蝦夷(えみし)と呼ばれる人たちが使っていた刀です。

彼らは馬を操り関東から東北、北海道を自由に行き来していた。

 

 

元々は朝廷に従わない人々を蝦夷と勝手に呼んでいました。

 

 

朝廷に従った人々を俘囚(ふしゅう)と呼び、関東地方をはじめ全国に強制的に移住させた人たち。

彼らが使っていた蕨手刀を朝廷が技術を取り込んで太刀などの日本刀になったというのは少し乱暴だ。

 

 

日本刀の起源には中華大陸説と蕨手刀説があるがどちらが正しいのではなく

当時の技術、遣隋使や遣唐使が持ち込んだ技術や蝦夷の蕨手刀など様々な技術を組み合わせたハイテクな代物。

 

 

日本刀の技術体系は6世紀から14世紀にかけて作られた。

 

 

 

 

蕨手刀のルーツは?

蕨手刀は柄の部分が山菜のワラビに似ている事から蕨手刀と呼ばれています。

北海道や東北地方を中心に出土している。

これが日本刀のルーツとされている。

 

 

 

人類史上初の鉄はトルコのヒッタイトで作られたと言われています。

そのヒッタイトで蕨手刀の原型が作られ貿易によって蝦夷に伝わった。

 

蕨手刀には軟鉄と鋼を鍛接する技法が使われていた。

 

 

蝦夷征伐を行った坂上田村麻呂(さかのうえの たむらまろ)佩用(はいよう)

当時、使われていた剣は漢式の諸刃の剣でしたが坂上田村麻呂(さかのうえの たむらまろ)佩用(はいよう)は切刃造りの直刀、刃長二尺五寸三分(76.6センチ)黒漆大刀拵(くろうるしのたちこしらえ)。

鞍馬寺に奉納されている。

 

黒漆剣などと言われネット上の画像を見ると真っ直ぐな直刀である事が分かる。

つまり、当時は少なくとも征夷大将軍は直刀を使っていた。

 

 

雑兵は諸刃の剣かもしれないけど。

拵えを見るに漢式の直刀、唐太刀とよく似ている。

 

 

つまり、当時の日本には唐の国が由来の唐太刀系の直刀とトルコのヒッタイトからやってきて進化していった蕨手刀が蝦夷にあった。

直刀はいつから日本にあったのかと言うと。

 

 

 

古墳時代には直刀はあった。

刀と言っても直刀であり、4世紀後半に作られたと考えられている福岡県の一貴山銚子塚古墳(いきさんちょうしづかこふん)や、5世紀末から6世紀初頭頃に作られたと考えられている熊本県の江田船山古墳(えたふなやまこふん)などの、5世紀前後の古墳から素環頭大刀(そかんとうのたち)が出土しています。

 

これは片手で扱う刀で茎(なかご)が短く、柄を使わずに直接、布を巻いて使っていたようです。

 

大阪府の東南部にあたる藤井寺市から羽曳野市にかけて、大小様々な古墳が集中している地域を古市古墳群と呼びますが、先の素環頭大刀が出土した一貴山銚子塚古墳や江田船山古墳などとほぼ同時代に作られたと考えられています。その古市古墳群の中でも、アリ山古墳からは2000点を超える鉄製品が発見されています。そしてそれらの鉄製品の中には77振の直刀と8振の剣がほぼその形をとどめて発見されています。

 

 

直刀は

  • 平造り
  • 重ねが厚く内反り(刃の方が反っている)
  • 60センチくらいから110センチくらいとやや長寸

 

古墳時代には既に直刀と呼ばれる刀はあった。

 

 

 

お互いの技術を奪い合った結果なのでは?

大和朝廷は蝦夷征伐なんていって坂上田村麻呂(さかのうえの たむらまろ)が出兵しているわけだし。

大規模な戦闘があったのは間違いない。

そこでお互いの技術を吸収しあって日本刀が産まれたと考えた方が自然な気がする。

 

進化の過程で

  1. 蕨手刀
  2. 毛抜形蕨手刀
  3. 毛抜形刀
  4. 毛抜形太刀

毛抜形蕨手刀というのは柄の部分に長方形の透かしが入っているものを言います。

つまり、柄に穴を開けて衝撃を吸収する作りになっています。

蕨手刀は柄と刃が一体になっているものなので透かしがないと衝撃が直に腕に伝わり使いにくい

 

 

これを解決したのが毛抜形蕨手刀。

更にワラビの様な柄の形を変えた毛抜形刀。

 

 

毛抜形太刀は俘囚(ふしゅう)の人々が作った太刀で東北地方から出土されていない

 

 

鍛接や焼入れ、焼戻しなどそれぞれいろいろな地域が起源の技術が組み合わさリ日本刀が産まれた

毛抜形太刀から茎(なかご)に柄をはめたり唐太刀の拵えにしたりと工夫され日本になる。

 

 

奈良時代から平安時代中期に作られたと言われる小烏丸は「鋒両刃造」(きっさきもろはづくり)と言って

先端は諸刃の剣になっていた。

 

 

形は湾曲していて日本刀の形であるが直刀の刺突攻撃も出来るように工夫された日本刀。

 

 

 

平安時代末期には太刀が完成している。

鉄と鋼を組み合わせる日本刀が完成したのはいつなのか定かじゃないけど

形としての日本刀は平安時代には完成されている。

 

 

ちなみに焼入れは中国の春秋戦国時代には開発された技術。

鍛接はメソポタミア文明が最初らしい。ろう付けの技術はメソポタミアから

 

 

こう考えると蕨手刀と唐太刀が出会ってお互いの良い部分を吸収しあって日本刀になったと思う。

正直、軟鉄と鋼を鍛接するのは海外ではロストテクノロジーだと思う。

 

 

まとめ

日本刀は蝦夷が使っていた蕨手刀と唐の国から持ち帰った技術が組み合わさり

日本刀が産まれたと考えた方が自然。

 

平安時代には基本的な技術体系が確立している感じなので一部の民族との戦いだけでこれだけの技術を生み出すのはおかしい

なので当時の技術が結集した結果が日本刀。

 

鋼の精錬方法や鍛接、焼入れ、柄の仕組みや鍔の形状、(はばき)など

更に言えば鞘を漆塗りにするなどありとあらゆ技術が集結した結果だと思う。

 

なので日本刀は蝦夷の蕨手刀をベースにありとあらゆる技術が集結した結果、産まれた武器である。

 

 

ではでは(^ω^)ノシ

 

この記事もおすすめ

縮地法のやり方を独自の理論で解説、ポイントは後ろ足!

 

ヨモツヘグリの元ネタとは?仮面ライダー鎧武に出てきたやつ

 

マナー講師が害悪な理由!お金儲けのためにやりたい放題

 

 

 

 

-面白いトリビア
-

© 2021 トリビアとノウハウノート