食事の雑学

ヴィーガン過激派が攻撃的なのは何故?

更新日:

ヴィーガン過激派が何故、あんなに攻撃的なのか?

フランスでは精肉店に落書きしたり嫌がらせをしたり

ステーキハウスに押し入って嫌がらせをする。

 

 

twitterでのツイートを見ても過激派の主張というのはトゲトゲしくて攻撃的。

こんなにも攻撃的だとこちらも付き合いたくないという気持ちが強くなります。

 

 

自分の思想がある事は立派な事なんだけど
他人の主義主張にまで口を出すから

ヴィーガン過激派は嫌われている。

何故、攻撃的なのか?

 

 


スポンサーリンク

 

タンパク質不足が原因か?

ヴィーガンはタンパク質不足になりやすい。

野菜にもタンパク質やアミノ酸は含まれているもののお肉程じゃない。

なのでメニュー、献立を間違えると簡単にタンパク質不足になる。

 

 

タンパク質が不足するとドーパミンやノルアドレナリン、セロトニンが不足するのでうつ病になりやすいそうです。

1995年のロンドンで精神科学研究所の論文には
タンパク質を構成するトリプトファンというアミノ酸が少ないと、他人に対して攻撃性が増すと書かれています。

 

 

 

他にも2017年のドイツとイギリスの共同研究では、“高炭水化物・低タンパク”の朝食だと、他人にイライラしやすくなってしまうことがわかりました "

高炭水化物、低タンパクな朝食はイライラしやすい、卵を食べれば万事解決なんだけど

ヴィーガンの人は食べないだろうしな。

 

 

 

 

スポンサーリンク

タンパク質は貯めておけない!

髪や皮膚、筋肉、内臓、ホルモン、酵素、血液など

タンパク質で作られる人体のパーツは多い。
タンパク質をアミノ酸に分解して再構築していく。

タンパク質の中には人間には体内で合成できない必須アミノ酸がアミノ酸20種類の中で10種類もある。

 

 

 

タンパク質が不足するとフェチリンという鉄分を貯蓄するタンパク質などが足りなくなり「隠れ貧血」になったりする。

タンパク質は常に分解、合成されている。
タンパク質をとってから早ければ3分で代謝が行われます。

なので朝、昼、晩とタンパク質を25gは摂取しないといけない。

 

 

 

卵、肉、魚を食べていればなんて事ない量です。

タンパク質が朝、昼と足りなくても夜ご飯にがっつりお肉を食べればタンパク質が足りないなんて事はない。

タンパク質は貯めておけないので毎食、しっかり摂取する必要がある。

 

 

 

菜食主義の方はタンパク質を取るためにたくさんの豆や野菜を摂取する必要があり

ぶっちゃけ言えば効率が悪い。
プロテインなどを飲んでいれば多少はマシだろうけど

 

 

タンパク質を意識した献立が必須になる。

ヴィーガンの方は肉、魚、卵、乳製品、ハチミツなど、食べれない食品が多いなかで

効率良く、タンパク質を摂取する必要がありますね。

 

 

 

大豆食品やアスパラガス、ブロッコリー、とうもろこしにそばなど

タンパク質の多い食品を選んで食べる必要があります。

 

 

 

ご飯と野菜だけでは高炭水化物、低タンパク質という食事になりがち

高炭水化物、低タンパク質の食事を獲り続けるとイライラしやすい

タンパク質不足なってしまうので気をつけてほしいところ

 

 

大量の豆などを食べないといけないからちょっと効率が悪い感じはいなめない

 

朝、昼、晩とうまい具合にタンパク質を摂取しましょう。

 

 

まとめ

ヴィーガンの人が攻撃的になりやすいのは

高炭水化物で低タンパク質な食事を摂っているからです。

 

 

 

イライラしやすい、タンパク質不足のせいで精神が不安定になりやすい。

必須アミノ酸が足りなくなったりするようなので

プロテインやアミノ酸アプリで補う必要がありますね。

 

 

 

それにしてもタンパク質が不足するというのは結構、人体に大きなダメージを与えるものですね。

バランスの良い食生活を送っていれば問題ないのですが・・・

ではでは(^ω^)ノシ

 

スポンサーリンク


-食事の雑学
-