ブログ検索

サブカルチャー

芸術とは技術を伴う。センス×テクニックの世界。

芸術とは何ぞや?という疑問に対して明確な答えがあるかないかと言えば実はある。

それは技術があるかないか?
油絵や水彩画、日本画などなど

後世に残る作品にはその時の最先端技術が詰め込まれている。

 

 

 

だから何でも鑑定団が年代を特定できたりする。

芸術というのは自分が表現したいものを最先端技術を駆使して表現する。

 

 

 

そしてそれを見る人に感じさせるのが芸術。

古臭く感じる水彩画にしろ、油絵にしろ昔と今では違っていて当たり前。

 

 

 

パソコンのソフトで描いたイラストだって最先端技術を駆使して描いている芸術なわけです。

 

 

 

アートの由来

芸術の事を英語でアートと言ったりしますが

アートの語源はギリシャ語の「τεχνη techné(テクネー)」やその訳語としてのラテン語の「ars(アルス)

 

 

アルスがなまってアートという発音になった。

 

意味は人工のものという意味。

現在の感覚で言うと技術という意味になる。

 

それを考えるとテクニックがない芸術などは論外、あり得ない。

 

技術が拙い物は芸術ではない

技術が拙いものは芸術にはならない。
イラストにしろ彫刻にしろ。

下手くそな物は芸術ではない。
個人的な意見だけど娯楽品にはなるだろうけど

芸術ではない。

 

 

 

何をテーマにするか?の前にどれだけ技術があるかが娯楽品と芸術品を分ける。

下手か上手いかで芸術かそうでないかを判断する。

 

 

 

一見、下手に見えるものでもそれはデフォルメされているだけだったりする。

 

 

絵で表現する時は絵の具は?水彩画?それとも油絵?

 

墨で描く?

 

いろいろな選択肢がありそこから選ぶわけです。

 

 

技術がなければ芸術ではない。

例えば我が子が描いてくれた両親の絵は二人にとってはかけがえのない宝物であったとしても万人がその絵から何かを感じるのは難しい。

 

それこそ心理学者のプロファイリングが必要。

 

技術と感性がものを言う世界。

小説、漫画、アニメやドラマ、映画にしても技術が土台になっている。

 

 

技術がなければ表現なんて出来ない。

 

プロパガンダに使われる芸術もどき

今回、芸術とは何だろうと考えるきっかけになったのが

愛知トリエンナーレの[表現の不自由展]です。

 

 

 

慰安婦像や天皇陛下の御真影を燃やす映像など一つ一つが拙く感性が歪んでいるというかあまり関わりたくないものです。

 

 

 

テーマも日本人にとって最悪なのに芸術としての技術も拙い。

@kesuikemayakuはツイッターで画像を見ただけですがわざわざ足を運ぶ必要はないと感じました。

どう見ても芸術作品ではなかった。

 

単純な話、技術がない、慰安婦像にしても色つけただけ、やるなら生きてるのか?と思わせるクオリティを出すべき。

 

 

天皇陛下の御真影をバーナーで焼いて足で踏むという展示物に関しては適当な写真を用意してバーナーで焼けばいいだけだからある意味、誰でもでいきる。

 

 

愚かなる日本人のかまくらという展示物は布と新聞紙を使い日本とアメリカを揶揄するかのようなもの。

 

 

あまりにも表現が直接的かつ、技術がない

現代アートを名乗るにはあまりにも稚拙。

画像からは芸術というよりは稚拙さが目立って話にならない。

 

ツイッター上の芸術作品

ツイッター上にアップされるハンドメイド作品やイラストの方が芸術性が高いと思う。

これは個々の感性で好きか嫌いかは分かれるけどゾクッとするような作品を発表している人もいる。

 

 

そこにはありったけの技術がある。

美術館で飾るような作品ではないかもしれない。

 

 

美術館に飾ったものだけが芸術というわけでもない。

 

風刺画にしてもデフォルメされていたり

誰がどう見てもあの人だと分かるけれどボカしが入っていたりする。

 

 

非常に芸術的だと思う。

 

好き嫌いが分かれる萌え絵に関しても2019年では、錯視を利用しておっぱいが揺れるように見える加工が流行っていたりする。

 

 

他にも色鉛筆で描かれた本物と見まごうばかりのイラストがあったり。

 

 

写真にしても凄いと一目で感じてしまう作品がある。

 

 

技術が伴うという基準で言えば変な美術展の展示物よりも芸術と言える。

 

 

 

まとめ

芸術には技術が伴う。
他人の感性を刺激するようなもの

自分の主義主張、伝えたい事を技術を駆使して作品に込めるのが芸術。

 

 

芸術もどきは技術的なものがなく下手くそ。

技術が大事というのが結論。

じゃないと子供の落書きが芸術になってしまう。

 

ではでは(^ω^)ノシ

 

 

 

-サブカルチャー

Copyright© トリビアとノウハウノート , 2019 All Rights Reserved.