面白いトリビア

MLBの選手は引退後に破産しやすい理由とは?考えて見れば当たり前

「米国メジャーリーグの選手は、引退後5年以内に80%が自己破産する」みたいなニュースを聞いたのでその理由を解説します。

メジャーリーグに限らずプロスポーツ選手あるあるだと思います。

 

 

何故、彼らが破産するのか?結論から言えば
プロスポーツ選手であるという資産を失うからです。

巨大な資産を失うにも関わらず生活の質を落とせない。

 

 

 

ヤクザやマフィア みたいな奴に目をつけられやすい。

 

 

 

 

プロスポーツ選手というブランドは資産

メジャーリーグで活躍するような一流のプロスポーツ選手は存在事態が資産と言える。

体が資本というけれど試合で活躍すれば高額で企業と契約できたり、賞金がもらえる。

人気があればテレビCMに出演できたりする。

 

 

 

だから、メジャーリーガーは年に何億円も稼ぐ事ができる。

※何億円じゃなくて何万ドルが正確か

その収入がなくなってしまう。

 

 

 

メジャーリーグには年金制度があるのですが彼らが焼け石に水。

引退後に芸能界デビューする人もいるだろうけど成功するとは限らない。

 

 

 

 

引退しても現役

プロスポーツ選手の現役時代というのは非常に短い。

大体の種目で30代が限界だと言えます。

人によってはそれこそイチローみたいに45歳まで活躍するような選手もいますが

それは例外。

 

 

 

ゴルフくらいじゃないでしょうか?お腹の出たおじさんがプロとして活躍できるのは?

だが、スポーツ選手としては引退だけど一般的なサラリーマンの感覚で見たら30代は脂が乗ってくる時期。

 

 

 

 

会社でもそこそこ良い難しい仕事を任されたりする時期だと思います。

バリバリ活躍できる年齢です。
メジャーリーガーが破産するというのは引退した後も現役と同じ金銭感覚であるし

自分に自信があるからだろうと推測できる。

 

 

 

 

慎まやかな生活をすれば余裕で生きていけるけれどそれを30代の若造に求めるのは酷だろう。

 

 

 

 

資産と負債が一気にひっくり返る。

もう一つ考えられるのはメジャーリーガー、プロスポーツ選手であるという資産を失った事で負債と資産のバランスが崩れてしまう。

例えば高級車を何台も保有していたり豪邸に住んでいたりすると

それらの維持費にお金がかかる。

 

 

 

 

アメリカの事情には詳しくないけど車や家にはお金がかかる。

そして人は一度、生活の質を上げるとなかなか落とせない。

贅沢を止められない人が多い。

 

 

 

非合法組織に狙われやすい

これはかなり、憶測と偏見が入っているので話半分で読んでほしい。

プロスポーツに限らず芸能界でもそうだけど現役時代は守られた存在だ。

 

 

 

 

プロとしての意識も高い、なのでヤクザみたいな奴らを周囲が近寄らせないし、本人も満たされているから眼中にない。

ただし、引退後は別だ。

 

 

 

 

引退すればそういったガードも無くなるし、本人もやる事がなくて暇になる。

お金を持っていて、暇を持て余しているという最高のカモが誕生する。

 

 

 

もちろん、警戒心の強い人は問題ないし、新たな仕事で活躍していれば、つけいる隙はない。

引退してやる事がなく、ヒマだけど体力とお金のある人物は危ない。

 

 

 

 

破産を防ぐには?

破産を防ぐには現役時代から投資やサイドビジネスをしておくべき。

というのも投資やサイドビジネスが成功すればそれでよし!

失敗してもお金はあるからどうとでもなる。

 

 

 

 

現役時代なら多少の失敗は問題ない。

資産のあるうちにお金の勉強をしておけば引退後も安心。

 

 

 

 

これはメジャーリーガーに限らずプロスポーツ選手全般に言える。

引退する前に資産形成を終わらせておく。

 

 

 

まとめ

何故、メジャーリーガーは引退後80%が破産しているのか?

それはメジャーリーガーという資産を失っているにも関わらず、生活の質が落とせない。

 

 

 

お金と体力とヒマを持て余しているので悪い奴に騙されやすい。

サラリーマンが定年で引退するのと違って体力もお金もあるから歯止めが効かないという面もあるかも?

ではでは(^ω^)ノシ

 

この記事もおすすめ

計画破産とは?はれのひ騒動を元にして解説!

 

老後破産を華麗に回避する方法とは?30代から始める○○○

 

 

 

 

-面白いトリビア
-

© 2020 トリビアとノウハウノート