社会問題 時事

デモと暴動の違いって?比べるのもバカらしい

デモが過激化して暴動になってしまうというのは良くある事らしい。

違いは明確でデモというのは法律に基づき行われるもの。

一つの目的のために集まり主義主張を言うために集まる。

暴動というのは国民や外国人が怒り、その勢いで暴れ回る事です。

 

 

 

デモは秩序があります。
暴動は無秩序というか無茶苦茶

狂乱状態と言っても過言じゃない。

 

 

 

2020年6月現在、アメリカで起きた暴動の場合

 

 

 

 

暴動とは?

2020年6月現在、アメリカで起きている暴動を例にして解説します。

事の発端は
米ミネソタ州ミネアポリスで黒人男性ジョージ・フロイドさん(46)が白人警官に押さえつけられて死亡した事件が原因。

 

 

 

担当の郡検視官事務所は1日、正式な死亡検案書を公表し、殺人と断定した。

事件をめぐっては、アメリカ各地に抗議デモが拡大している。

 

 

 

BBCニュースの記事を引用しましたが抗議デモではなく暴動です。

他にもAmazonかな?車のトランクから荷物を強奪したり

動画

 

 

ソース
https://www.dailymail.co.uk/news/article-8377639/Terrifying-moment-crowd-looters-raid-Amazon-delivery-van-broad-daylight-Santa-Monica.html

他にもTwitterで検索すれば出てくる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

完全に暴走している。
警察官に黒人男性が殺された事件なのにお店のガラスを打ち破り中の商品を奪う行為

何かを変えるために集まるのではなく鬱憤を晴らすために暴れているだけ。

 

 

 

レンガを投げて暴れている。
たくさんの人が暴れ回る事が暴動。

読んで字の如くというか見たまんま

違法行為もみんなでやれば怖くないみたいになってる。

 

 

 

暴走した民衆が街を破壊し人に攻撃を加え、店から商品を略奪する。

 

 

 

 

デモとは?

デモンストレーション、示威行為の事。
自分たちの主義主張をみんなに知らせる行為。

日本だと警察に許可を取って行う行為です。
警察官がデモ行進を警護してりもします。

 

 

 

人を集め、警察官と打ち合わせをして決行する行為をデモと言います。

目的意識を持って団結、秩序だって行う行為です。

日本だったら警察の許可は必須。

 

 

 

2019〜2020年に起きている香港デモの場合。
不許可、非合法なのですが中国共産党が相手なので許可が出るわけない。

 

 

 

選挙もまともじゃない環境だからデモしかなかったわけです。

香港の場合、デモあって暴動じゃない。
通販会社の車から荷物を強奪したり、スーパーマーケットから商品略奪したりしていない。

 

 

 

ただ、中国の警察官と揉めて怪我をしたり場合によっては抵抗したりしているから怪我人や死人が出てる。

ただ、目的のために団結しているのは外野である日本人でも分かる。

 

 

 

 

まとめ

デモと暴動は全然違う。

デモは合法、非合法に関わらずきちんと敵(もしくは伝えたい事、目的)を見据えているのに対して

暴動は無秩序、全然関係ない車やスーパーマーケットを略奪したりレンガを投げまくったりしている。

 

 

 

前者は目的のために行動しているのに対して後者は行き当たりばったりの八つ当たり

ではでは(^ω^)ノシ

 

この記事もおすすめ

ブラックフェイスは黒人への人種差別なのか?⇒アメリカの歴史なんて知らねぇしむしろ白人に問題あり

 

生卵を飲むシーンが映画【ロッキー】にあったけど当時のアメリカ人の反応が日本人と違う件

 



-社会問題 時事
-

Copyright© トリビアとノウハウノート , 2020 All Rights Reserved.