社会問題 時事

限定品狙いの転売屋がいらない理由とは?余計な手順が増えることでコストが増大してる。

転売屋は害悪!ゴミと批判されるようになったのは転売屋という仕事がいらない、いらなくなったからだ。

結論から言ってしまえば物流がとても発達しているし大抵のものは通販サイトで買えてしまう。

そんな中で限定商品を狙う転売屋が嫌われている。

 

 

転売ヤーがやっているネット転売で限定品を売るという行為は

限定品を買い占めてその店の隣で転売を行うようなものです。

店に並んで買えなかった人がネットを見れば2~3倍の値段で転売されているのを見れば嫌な気持ちになるのは当然だ。

 

 

もしこれがオフラインでの転売であるならここまで嫌われることもなかっただろう。

自分たちがどういう行為をしているのか限定品、チケット転売などをしている転売ヤーは分かっていない

 

 

 

 

 

限定品やチケットの転売はゴミ野郎のやる事

限定品を買い漁り転売する行為が問題視される。

本来、転売というのは安く仕入れた商品を需要のある場所で高く売る事だが

限定品やチケットはボロい商売なのだろう。

 

 

 

値段を釣り上げやすいかろ儲けやすい

ただし、関係者からは憎まれる。

というのも限定品というのは数が決まっているものの1人1個は朝早く並べば手に入る。

 

 

 

転売屋は人を雇ったりして1人1個のものを何個も手に入れるからタチが悪い。

限定品が転売屋のせいで手に入らない人が生まれるのは不幸な事だ。

 

 

 

何が悪いって限定品を堂々と不特定多数が見る場所で高額転売している事だろう。

オンラインでやるよりもオフラインでやれば憎まれる事もないだろうに

 

 

 

 

 

転売屋が介入する事で値段が跳ね上がる

分かりやすいのは2020年のマスク騒動だろう。
転売屋がマスクを買い占めた結果

マスクの正規品が売り切れ、通販サイトなどで高額マスクが登場した。

 

 

 

転売屋が値段を釣り上げた結果、高い買い物を強いられたわけだ。

本来なら安く買えたものを10倍の値段で買ったりしたわけだ。

値崩れを起こしてマスクの処理に困った転売屋がいるというのは笑い話だろう。

 

 

 

転売屋は社会のインフラが整うと難しい

少なくとも日本国内で売ってるものなら転売屋を通さない方が安い。

そもそも転売屋の利点は仕入れた商品を別の町で転売して利益を上げる。

プレミアのついた商品を安く仕入れてプレミア価格で販売するなどだ

 

 

 

誰でも買える商品を高額販売するのは良くない。

限定品やチケットを転売するというのは全く不必要。

 

 

 

日本の商品を海外に転売するのなら分かるんだけど

日本の新しい商品を日本国内で転売するというのはヘイトを集める行為だろう。

楽して儲けようとする転売屋のせいでシステムが複雑になったり、買えなくて悔しい思いをする人が増えるのはユーザーにとって不利益。

 

 

 

 

 

 

転売が感謝されるケースとは?

転売が感謝されるケースというのは例えばもう手に入りづらい、模型の旧キットを売るとか

個人で販売している商品などの転売

どこにも売ってないものを市場にのせるわけだから怒られたりしない。

 

 

 

地域によって絶対に手に入らないものを販売する。

例えば日本の商品を海外に転売する。

日本ではありふれた商品だけど海外では手に入らない商品を転売するというなら憎まれたりしない。

 

 

 

まとめ

限定品を高額転売する転売屋のせいで不利益を被る人は多い。

これも経済活動だと言えばそれまでだけど
それでも1人の人間に複数の限定品が渡るのは良くない。

 

 

少なくともお店が指定した個数を超える買い物をするべきじゃないな。

1人2個って言われてる商品を10〜20個買い占めるような奴が増えると本当に欲しい人が買えない事になりかねないし

 

 

 

長い目で見たら限定品の転売というのは続かないと思うんだよな〜

はっきり言って企業も対策するだろうし転売屋を抹殺する流れになると思う。

 

 

ネット転売で限定品をすぐに2~3倍の値段で売ったりするのはお店で限定品を買ってすぐに隣でお店を開いて売るような行為に等しい

そりゃあムカつくし滅べって思われるよね。

 

 

ではでは(^ω^)ノシ

この記事もおすすめ

世の中にはチケットを転売する悪い転売ヤーと一般的な商品を安く仕入れて売る良い転売屋がいるのです。 #転売ヤー撲滅不買運動

 

 

転売で儲ける方法とは!?ヘイトを溜めないでウハウハしたい

 

 

転売されているチケットを購入することは違法なのか?

 

 

 

 

 

 

 

-社会問題 時事
-, , , , ,

© 2021 トリビアとノウハウノート