Translate:

当サイトはアフィリエイト広告を使用しています 食事の雑学

ベーグルはユダヤ人が作った?歴史を紐解くと可哀想になってくる

ベーグルといえばドーナツみたいな形で妙に思いパンという印象があります。

ベーグルがどこで作られたのかを知るとユダヤ人に行き着くそうです。

 

差別的な発想でユダヤ人はベーグルを発明するしかなかったと筆者は考えます。

 

 

 

パンとベーグルの違い

パンとベーグルの違いはいくつかあります。

まず、パンは一般的に柔らかくてもちもちとした食感が特徴です。

パン生地は比較的柔らかく、さまざまな種類や形状があります。

一方、ベーグルはより密度があり、表面は光沢がありつつも堅めの食感があります。

 

 

パンの生地は通常、小麦粉、水、イースト、塩などの材料から作られ、柔らかい生地をこねて焼き上げます。

 

 

一方、ベーグルの生地はパンよりも硬く、ゆでる工程を経てから焼かれます。

パンよりも発酵時間は短い

そのため、ベーグルはパンよりも歯ごたえがあり、少し噛み応えがあります。

 

 

形状も異なります。パンはさまざまな形に焼かれますが、ベーグルは一般的に輪の形をしています。

また、ベーグルはトッピングが多用されることもあり、種類によっては表面にシート状の具材が乗っていることもあります。

 

 

そして、食べ方も異なります。パンは様々な方法で食べられますが、ベーグルは一般的にスライスしてトーストしてから食べることが多いです。

クリームチーズやジャムなどを塗って食べるのが一般的な楽しみ方ですね。

 

 

要するに、パンは柔らかくて多様な種類がありますが、ベーグルはより密度があり、堅めの食感や特有の形状、トッピングの特徴があります。

両者は異なる特性を持ち、それぞれの魅力があります。

 

 

 

ベーグルはなぜ茹でる ユダヤ人の迫害が原因?

ベーグルは東欧のユダヤ人が発明したパンと言われています。

 

その発祥は諸説あり

 

  • ウィーン発祥説
  • ポーランド発祥説
  • プロイセン発祥説

この2つがある

 

ウィーン説は創作ではないかと言われている説です。

 

1683年、オーストリアのウィーンがトルコ軍に攻撃されました。

ポーランド国王が援軍を率いてウィーンを救い、感謝のしるしとしてウィーンのパン職人(ユダヤ人)がリング状のパンをポーランド国王にパンを献上します

ポーランド王は乗馬が好きだったので馬の鐙(あぶみ)に似せて作りました。

 

鐙の事をドイツ語でビューゲル、それがなまってベーグルになったという説。

 

 

ポーランド説

ポーランドにあるオブヴァジャネックがベーグルの起源という説があります。

 

 

プロイセン説

9世紀のプロイセン地方(ドイツ北東部、ポーランド北部、バルト海南岸にまたがるエリア)

ユダヤ人にパンを焼くのを禁止した法律が生まれました。

 

キリスト教の聖体であるパンに触らせないというユダヤ人に対する迫害が行われました。

焼いたパンを禁止されたユダヤ人は知恵を絞った結果、パンを茹でて作る事を思いつきました。

そうして生まれたのがベーグル

 

その後、パン禁止令は廃案になりましたがベーグルは残り続けたというわけです。

 

 

ベーグルは茹でたものをトーストにして食べていたそうです。

 

 

ベーグルの穴はなぜある?

ベーグルに穴があるのは均等に茹でるためです。

ドーナツと同じように穴があるのは満遍なく火を通すため

 

ベーグルは生地を棒状に伸ばしてリング状につなげるのが一般的

また、リングという形が永遠を表現していると言われています。

 

 

また、ベーグルは保存食としても優秀で重宝されており

棒や紐に通して持ち運びをしていた

 

 

 

 

 

ベーグルはユダヤ教の戒律に合わせたパン

ユダヤ教には厳しい戒律があり

乳製品と肉を一緒に食べてはいけないという戒律がありました。

 

ミルクやバターが使われたパンと肉を一緒に食べる事ができないため

乳製品を使っていないベーグルが好まれたというわけです。

 

 

親と子を一緒に食べてはいけないという事で肉と卵を一緒に食べるのも禁止されています。

つまり、親子丼はユダヤ教的にアウトです。

 

 

 

現在のベーグルはアメリカから始まった

現在、世界中で広まっているベーグルはアメリカから始まっています。

1880年代、アメリカに移民したユダヤ人がニューヨークでベーグルを売り始めたのが始まりです。

 

徐々に広まり、20世紀最後の20年くらいの間に、ベーグルは広く北アメリカで一般的なものになった。

 

アメリカのベーグルは独自に進化しており軽い食感が特徴

朝ごはんの定番メニューとして愛されているそうです。

 

 

まとめ

ベーグルは東欧のユダヤ人が作りました。

諸説ありますがプロイセン説が筆者の中では有力

 

焼いたパンを禁止した結果、生まれたというのが有力だと思っています。

パン生地を茹でようって発想はパンを焼くのを禁止されないと出てこない

 

 

現在のベーグルはアメリカに移民したユダヤ人が広めたものです。

ではでは(^ω^)ノシ

 

この記事もおすすめ

中指を立てるのがダメな理由とは?海外だとマジで大変な事になる

 

ティーカップの取っ手に指を通すのは下品なのか?理由を考察

 

芸術とは技術を伴う。違いはあるのか?センス×テクニックの世界。

 

 

 

 

管理人の著書

-食事の雑学
-, ,