面白いトリビア

ユダヤ人の格言一覧、現代でも使える言葉!

 

ユダヤ人の格言をまとめました。

ユダヤ人は歴史的に迫害されていたり、陰謀論の黒幕として扱われたりする民族ですが

その格言には一家言ある。

 

 

 

ユダヤ人の格言

ユダヤ人
 世界に正しいことだけしかしない人はいない。必ず悪もしている。

 

 

ユダヤ人
もし人間に悪の衝動がなければ、家も建てず、妻もめとらず、子供も作らず、仕事もしないはずだ。

 

 

ユダヤ人
もしあなたが悪への衝動に駆られたら、それを追い払うために、なにかを学び始めよ。

 

 

ユダヤ人
 なにかをしてあげるときには、全てをそれにかけるものが一番尊い。

 

ユダヤ人
 反省する者がたっている土地は、もっとも偉いラビがたっている土地よりも尊い。

 

ユダヤ人
 世界は、真実、法、平和の三つの土台の上に立っている。

 

 

 

ユダヤ人
 民の声は神の声。

 

 

ユダヤ人
 真理を教え説く言葉は、自己の内部の自我を否定する人間の口より発せらるる場合にのみ確たる不動なものなり。

 

 

ユダヤ人
 懺悔する者に、その前の罪科について思い起こさせるな。

 

 

ユダヤ人
 貧乏と自尊心は折り合わない

 

 

ユダヤ人
 医者に尋ねるより病人に尋ねよ

 

 

ユダヤ人
 利害関係ができたときにはじめて、友人かどうかが分かる

 

 

ユダヤ人
 人は仕事がないと政治に関わり始める。

 

 

ユダヤ人
 一文もとらずに治療する医者は、一文の値打ちもない医者

 

 

ユダヤ人
 年をとっての破壊は建設であり、若いときの建設は破壊である。

 

 

ユダヤ人
 すべての人に対して一様に親切な者は、たいていはまた、すべての人に対して一様に不親切である。

 

 

ユダヤ人
柔軟な木は折れないが、硬直した木は折れる。

 

 

ユダヤ人
人生の最上の目的は、平和を愛し、平和を求め、平和をもたらすことだ。

 

 

 

ユダヤ人
今それをしなかったら、いつできる日があるか。

 

 

ユダヤ人
目が見えないよりも心が見えない方が恐ろしい。

 

 

ユダヤ人
三つのモノは隠す事が出来ない。恋、咳、貧しさ。

 

 

ユダヤ人
豚は食べ過ぎる。苦しんでいる人間は話しすぎる。

 

 

ユダヤ人
ものごとは度をすぎてはいけない。

 

 

ユダヤ人
権威を認めるな。

 

 

ユダヤ人
人間は誰しも大差はない。

 

 

 

ユダヤ人
対立を恐れるな。進歩は対立から生まれる。自分の見解に賛成しない者も大切にしなければならない。

 

 

ユダヤ人
世の中には度を越すと行けないモノが八つある。「旅行、性、富、仕事、酒、睡眠、薬、香料」だ。

 

 

 

ユダヤ人
真の対立とは、優れた者が競い合って、そしてお互いに切磋琢磨していく事であり、これは社会の進歩にとって、欠く事の出来ないファクターである。

 

ユダヤ人
非常に弱くてもある条件を満たしているならば、勝る。

 

 

 

ユダヤ人
行動は言葉よりも声が大きい。

 

 

 

ユダヤ人
甕を見るな、中に入ってるものを見よ。

 

 

ユダヤ人
ただで処方箋を書く医者のいうことを信用するな。

 

 

ユダヤ人
ためらいすぎてはいけない。

 

 

ユダヤ人
よく汲み出す井戸は、澄んだ水が出る。

 

 

ユダヤ人
失敗を恐れる方が、失敗を犯すよりも悪い。

 

 

 

ユダヤ人
もし、神が地上に住んでいるなら、人間は、神の家を壊しているだろう。

 

ユダヤ人
何も打つ手がないときにも、ひとつだけ必ず打つ手がある。それは、勇気を持つことである。

 

 

 

ユダヤ人
最上の名医は地獄にいる/最上の名医でも地獄に落ちることがある。(ユダヤに律法では医師はその医療ミスによって殺人罪等に問われることはありません。しかし、その動機が常軌を逸した金儲けである場合は免責されない。)

 

ユダヤ人
隣人とつねに平和を求めよ。隣人を楽しい席に招け。どの国から来た者も、豊かな者も貧しい者も、同じく裸で生まれた。そして最後には同じく土に眠るのである。

 

 

 

ユダヤ人
全人類は、たった一つの先祖しか持っていない。だから、どの人間がどの人間よりもすぐれている、ということはない。

 

 

 

ユダヤ人
人は3つの名前を持つ。両親が生まれた時につけてくれた名前。友達が親愛の情を込めて呼ぶ名前。そして、自分の生涯が終わるまでに獲得する名前である。

 

 

ユダヤ人
嘘つきに与えられた最大の罰は、彼が真実を語った時も、人が信じないことだ。

 

 

 

 

 

ユダヤ人
男は両頬の間と両足の間で評判が決まる。

 

 

ユダヤ人
お世辞は猫の様に人をなめるが、やがてひっかかれる。

 

 

ユダヤ人
ゴシップは必ず三人の人間を殺す。言い触らす人。反対せずに聞く人。話題になっている人。

 

 

ユダヤ人
酒が頭に入ると、秘密が押し出される。

 

 

 

 

 

ユダヤ人
結婚へは歩け、離婚へは走れ。

 

 

 

ユダヤ人
嫉妬は千の目を持っているが、一つも正しく見えない。

 

 

ユダヤ人
評判は最善の紹介状であり、表情は最悪の密告者だ。

 

ユダヤ人
友が怒っている時に、なだめようとするな。悲しんでいる時に、慰めるな。

 

 

ユダヤ人
幸運から不幸までの道のりは短く、不幸から幸運までの道のりは長い。

 

 

ユダヤ人
粉屋が煙突掃除屋と喧嘩をすると。粉屋は黒くなり、煙突掃除屋は白くなる。

 

 

ユダヤ人
人間も毎日生まれ変わる。だから、あきらめてはならない。

 

 

 

ユダヤ人
神の戒律を守らねばならぬものは、神に対する愛によりてであり、神に対する怖れからにあらず。

 

 

ユダヤ人
自己が隣人の立場に立たざるかぎり隣人を裁く無かれ。

 

 

ユダヤ人
人間の価値のひとつに恥というものがあり、恥ある人間は容易に罪悪に落ちず。

 

ユダヤ人
良い礼儀作法とは何だろうか。他人の悪い礼儀作法を許すことである。

 

 

 

ユダヤ人
初婚は天によって結ばれる。再婚は人間によって結ばれる。

 

 

 

ユダヤ人
青年は特定の女性が好きになる。中年はどんな女性でも嬉しがる、老年はどんな女性も喜ばない。

 

 

ユダヤ人
馬を働かせるには、餌でつる方が、鞭で打つよりも良く働く。

 

 

 

ユダヤ人
殴られた痛みはいつかはなくなるが、侮辱された言葉は永久に残る。

 

 

ユダヤ人
人生で遅くても構わないものが二つある。結婚と死。

 

 

 

ユダヤ人
情熱のために結婚しても、情熱は結婚ほど長続きはしない。

 

 

 

ユダヤ人
一つの嘘は嘘であり、二つの嘘も嘘である。三つの嘘は政治である。

 

 

ユダヤ人
ある人は若くして老い、ある人は老いても若い。

 

 

 

ユダヤ人
毎日新しいことが起こる。これは神の贈り物である。

 

 

 

ユダヤ人
人を賞賛できる人こそ、本当に誉れ高き人である。

 

 

 

ユダヤ人
神の前で泣き、人の前で笑え。

 

 

ユダヤ人
ヤギには前から近づかない。馬には後から近づかない。愚か者にはどの角度からも近づかない事だ。

 

 

 

ユダヤ人
美徳と証するものは、他人の嫉妬を刺激するものだが、控えめであることだけは例外だ。

 

 

ユダヤ人
捕まえた鳥を逃がしても、また捕まえられるかもしれない。だが、一度発した言葉を取り返すことはできない。

 

 

 

 

 

ユダヤ人
神は超えられない試練を人には与えない。

 

 

ユダヤ人
小さな穴は、大きな船を沈めてしまう。

 

 

 

 

ユダヤ人
どんな質問でも、必ずしも答える価値があるとは限らない。

 

 

ユダヤ人
人生では、時には愚か者を演じなければならない時がある。

 

 

ユダヤ人
あすのことは心配するな。きょうどんな災難が降りかかるかわからないのだから。

 

 

 

ユダヤ人
井戸に唾を吐く者は、いつかその水を飲まなければならない。

 

 

ユダヤ人
人には口が一つなのに、耳は二つあるのは何故だろうか。それは自分が話す倍だけ他人の話を聞かなければならないからだ。

 

 

 

ユダヤ人
情熱は火である。 火と同じように欠くことが出来ないが、火と同じほどに危険である。

 

 

ユダヤ人
最も歌がうまい鳥だけしか鳴かないのなら、森は静まり返ってしまうだろう。

 

 

ユダヤ人
奴隷も現状に満足していれば自由な人間だし、自由な人間でも現状に満足していなければ奴隷と言える。

 

 

ユダヤ人
 何が善であるかを知っているだけでは、何もならない。善行をしなさい。

 

 

 

ユダヤ人
良いことをしようとすると、初めは茨の山道を歩むが、やがて平坦な道に入る。

 

 

 

ユダヤ人
二人が喧嘩した時、妥協する者は人格を高める。

 

 

 

 

ユダヤ人
石鹸は体を洗うため、涙を心を洗うため。

 

 

ユダヤ人
人を愛することが出来なければ、人にお世辞を言うことを覚えなさい。

 

 

ユダヤ人
嘘を口にしてはならない。しかし、真実の中にも口にしてはならぬものがある。

 

 

 

ユダヤ人
奇跡を願っても良い。しかし奇跡を頼ってはならない。

 

 

 

ユダヤ人
神は新しい夫婦が生まれるたびに、新しい言葉を作っている。

 

 

ユダヤ人
老人を大切にせぬ若者には、幸福な老後は待っていない。

 

 

ユダヤ人
ユダヤ人は足を折っても、片足で良かったと思い、両足を折っても、首でなくて良かったと思う。首を折れば、もう何も心配することはない。

 

 

ユダヤ人
男を老けさせるものは四つある。不安、怒り、子供、悪妻。

 

 

ユダヤ人
一人の古い友達の方が、十人の新しい友達より良い。

 

 

 

 

 

ユダヤ人
胃の三分の一を食物で埋め、もう三分の一を飲み物で埋め、三分の一を空にしておきなさい。胃は頭と違って、無制限に詰め込むことはできないのだから。

 

 

 

ユダヤ人
人から言われてからした善行は、自ら進んで行った善行の半分しか価値がない。

 

 

ユダヤ人
敵には助言を求め、その助言の反対のことを行え。

 

 

ユダヤ人
貧乏人と病人の忠告にはいつも真意がある。

 

 

ユダヤ人
無知が支配するところでは、自分に英知があっても何の役にも立たない。

 

 

 

 


 

自分への格言

 

ユダヤ人
自分の力ではどうにもならないことは、心配するな。

 

 

ユダヤ人
人間は、他人のささやかな皮膚病は気にしても、自分の重病は目にはいらない。

 

 

ユダヤ人
自分のことだけ考えている人間は自分である資格すらない。

 

 

ユダヤ人
自分の言葉を、自分が渡る橋だと思いなさい。しっかりとした橋でなければ、貴方は渡らないでしょうから。

 

 

ユダヤ人
貴方の親友が、貴方にとって蜂蜜のように甘くても、全部なめてしまってはいけない。

 

 

 

ユダヤ人
誰でも鏡の中に、最も好きな人を見る。

 

 

 

 

ユダヤ人
自分より賢い者に負ける方が、自分より愚かな者に勝つよりも得だ。

 

 

 

 

 

 

ユダヤ人
自分を知ることが最大の知恵である。

 

 

 

ユダヤ人
体のあらゆる部分は心に依存している。心は財布に依存している。

 

 

ユダヤ人
自己を世界の中心におけ。

 

 

ユダヤ人
他人の前で恥じる人と、自分の前で恥じる人では大きな開きがある。

 

 

ユダヤ人
他人の善意で生きるよりは、貧しいままでいる方がいい。

 

 

ユダヤ人
正しいものは自分の欲望をコントロールするが、正しくないものは欲望にコントロールされる。

 

 

ユダヤ人
自分で自分のためにやらなければ、誰があなたのためにやってくれるか。

 

 

ユダヤ人
もしあなたの周囲に傑出した人がいないなら、あなたがならなければならない。

 

 

ユダヤ人
自分の肩書きを人に教えようとする人間は、すでに自分の人格を傷つけている。

 

 

ユダヤ人
楽観は、自分が明るくなり、他人も明るくする。

 

 

ユダヤ人
自分の言葉を、自分が渡る橋だと思いなさい。しっかりとした橋でなければ、貴方は渡らないでしょうから。

 

 

ユダヤ人
無恥と自負は兄弟である。

 

 

 

 

 

 

ユダヤ人
自信を失うという事は、自分に対して盗みを働く様なモノである。

 

 

ユダヤ人
善人とは、自己の罪過ちを記憶し、自己の善事・善行を忘却する人のことをいい、悪人とは、これとは反対に、自己の善事善行を記憶し、罪過ちを忘却する人の事なり。

 

 

ユダヤ人
みずからを高きにおく者は、神によりて低きに堕とされ、みずからを低きにおく者は、神によりて高きに上げられる。

 

 

 

ユダヤ人
自分の欠点ばかり気にしてる人は、人の欠点に気づかない。

 

 

 

 

 

 

ユダヤ人
豊かな人とは自分の持っているもので、満足できる人のことである。

 

 

 

ユダヤ人
他人を幸福にするのは、香水をふりかけるようなものだ。ふりかけるとき、自分にも数滴はかかる。

 

 

 

教育の格言

 

ユダヤ人
一日勉強しなければ、それを取り戻すのに二日かかる。

 

 

ユダヤ人
子供は父親を畏敬しなければならない。

 

 

 

ユダヤ人
子供は、両親の話し方をまねる。性格はその話し方で解る。

 

 

 

ユダヤ人
子供は幼いときは厳しくしかり、大きくなったらしかるな。

 

 

 

 

 

 

ユダヤ人
追い込まれても勝負を捨てない。

 

 

 

 

 

 

ユダヤ人
相手の立場に立たないで、人を判断するな。

 

 

ユダヤ人
汝の友人の一部は汝を非難し、他は称讃す。汝を非難する人々に近づき、称讃する人々より遠ざかれ。

 

 

 

ユダヤ人
幼い子供は厳しくしつけるべきだが、子供が怯えるようなことがあってはならない。

 

 

ユダヤ人
 子供は、両親が家で話すことを街でしゃべる

 

 

 

お金の格言

 

 

ユダヤ人
十度破産しても、一度死ぬよりはまし。

 

ユダヤ人
貧乏人には敵が少なく、金持ちには友人が少ない。

 

ユダヤ人
金は道具である。道具に支配される者はいない。だから道具はできるだけ多く持っていた方がいい。

 

ユダヤ人
お金は悪ではなく、呪いでもない。お金は人を祝福するもの。

 

 

 

ユダヤ人
人を傷つけるモノが三つある。悩み、いさかい、空の財布。中でも空の財布が最悪だ。

 

 

ユダヤ人
よい壺を持っていたらその日のうちに使え。明日になったら壊れてしまうかもしれない。

 

 

 

ユダヤ人
高価な真珠がなくなり、これを探すために何の値打ちもないろうそくが使われた。

 

 

 

 

ユダヤ人
金持ちに、子供は居ない、後継ぎが居るだけだ。

 

 

 

ユダヤ人
富は要塞であり、貧苦は廃虚である。

 

 

 

 

 

 

 

ユダヤ人
かゆいところをかく事と、困ったときに金を借りる事は、一時しのぎに過ぎない。

 

 

 

ユダヤ人
金は、よいセンス意外のモノなら何でも買える。

 

 

 

ユダヤ人
 すべて金で買うことができるが、知性だけは買うことができない。

 

 

 

 

 

ユダヤ人
貧乏だから正しく、金持ちだから間違っているとは限らない。

 

 

ユダヤ人
金をなくしても、何も失わない。誇りをなくせば、多くを失う。勇気をなくせば、すべてを失う。

 

 

 

 

 

 

ユダヤ人
金銭は無慈悲な主人だが、有益な召使いにもなる。

 

 

ユダヤ人
金のために結婚する者には不良の子が育つ。

 

 

ユダヤ人
 真に貧しい者としてとどまっているのは、知性のない者だけ。

 

 

ユダヤ人
金持ちとは、自分の富から収益をあげ、その富を楽しむ者である。

 

 

 

 

知識・本の格言

 

ユダヤ人
知識は水に似ている。高いところから低いところへ流れる。

 

ユダヤ人
文章を書くことは、小切手を書くのに似ている。思想がないのに文章を書こうとするのは、銀行に残高がないのに小切手を書こうとするようなものだ 。

 

ユダヤ人
多くの者は考えたくないので、逃れるために本を読む。

 

 

 

ユダヤ人
幅広い知識を持て。

 

 

 

ユダヤ人
よく質問をせよ。

 

 

 

ユダヤ人
楽観がもっとも賢い鎧となる。

 

 

 

ユダヤ人
一本のろうそくで、多くのろうそくの火をつけても、はじめのろうそくの光は弱まらない。

 

 

ユダヤ人
知識は浅いとすぐ失われる。

 

 

 

ユダヤ人
学校のない町には人は住めない。

 

 

 

ユダヤ人
記憶を増進させるもっともよい薬は、感服することである。

 

ユダヤ人
貧しい人の息子はたたえられよう。人類に英知をもたらすのは彼らだからだ。

 

 

ユダヤ人
忍耐力のないものは教師にはなれない。

 

 

ユダヤ人
あなたが知識を増やさないということは、実は知識を減らしていることになる。

 

ユダヤ人
賢い者は、自分が何を話しているのか知っており、愚かな者は、自分の知っている事を話す。

 

 

ユダヤ人
学ぼうとする生徒は、恥ずかしがってはいけない。

 

 

 

ユダヤ人
賢い人はアイディアを語り、普通の人はモノについて語り、愚かな人は他の人について語る。

 

 

ユダヤ人
旅の途中で故郷の町の人々が知らないような本に出会ったら,必ずその本を買い求め,故郷に持ち帰りなさい。

 

ユダヤ人
もし生活が貧しくて物を売らなければならないとしたら,まず金,宝石,家,土地を売りなさい.最後まで売ってはいけないのは本である。

 

 

 

ユダヤ人
もし本と洋服を同時に汚したら,まず本から拭きなさい。

 

 

 

ユダヤ人
本のない家は,魂を欠いた体のようなものだ。

 

ユダヤ人
要領のいい人間と賢い人間の差、要領のいい人間は、賢い人間だったら絶対におちいらないような困難な状況を、うまく切る抜ける人のことである。

 

ユダヤ人
人間は、20年かかって覚えたことを、2年で忘れることができる。

 

 

 

ユダヤ人
最も大切な事は研究ではなく、実行である。

 

 

 

ユダヤ人
多くの者は考えたくないので、逃れるために本を読む。

 

 

ユダヤ人
出逢った人全てから、何かを学ぶ事が出来る人が世界中で一番賢い。

 

 

 

ユダヤ人
理想のない教育は、未来のない現在と変わらない。

 

 

 

ユダヤ人
愚か者にとって、老年は冬である。賢者に取って、老年は黄金期である。

 

 

 

ユダヤ人
どのように知識を極めた者でも、子どもから教わることは出来る。

 

 

 

 

 

 

ユダヤ人
耳と耳の間に、最大の資産がある。

 

 

ユダヤ人
幸福に恵まれるために知恵はいらない。しかし、この幸福を活かすためには知恵がいる。

 

 

ユダヤ人
 知者が間違うときは、恐ろしいほど根本的に間違う。

 

ユダヤ人
 善と悪を区別できるだけでは、まだ賢者とは言えない。二つの悪の中から小さい方の悪を選ぶことができる者が賢者である。

 

 

まとめ

さすが、迫害されてきた民族だけあって含蓄のある言葉が多い。

善悪やお金に対する感覚は秀逸だと思う。

現代でも使えるような言葉が多く納得できる。

 

 

日本人の感覚ともズレがないというか変に思わない言葉が多く

一読の価値はあるな。

知識に関しての言葉は奪われ続けた民族らしいというかかなり鋭い

 

 

ではでは(^ω^)ノシ

この記事もおすすめ

大トロ、中トロ、赤身の違いとは?一言でまとめると?

 

 

あんぱんにケシの実とかゴマが乗ってるのは何故?上についてる白い種に意外な理由が!

 

 

ダイヤモンドよりも硬いものがある!?ウルツァイト窒化ホウ素が一番硬い?

 

 

 


 


-面白いトリビア
-

© 2021 トリビアとノウハウノート