食事の雑学

菜食主義過激派になった理由って?個人的な反論を添えて

投稿日:

菜食主義、ヴィーガンになった人がどんな理由だったのかについてSNSを使って調査します。

過激派が割と騒いでいるので話題になっていますが

彼らの思想を知った上で議論しないとダメな気がします。

 

 

 

ヴィーガン(菜食主義者)と接する時に2種類のタイプがいます。

 

  1. 他人に菜食主義を勧める人
  2. 他人の食事には口を出さない人

 

正直、他人の食事にとやかく言わなければ菜食主義者とも楽しく付き合えるのですが

何故か、肉を食べている他人に攻撃的な人がTwitter上でチラホラ

 

 

何かの宗教なのかしら?と思うくらいです。

 

 

スポンサーリンク

 

ヴィーガンになった理由

ヴィーガンになる人の理由はさまざまだけど単純に健康のためとか宗教上の理由だったりします。

そういう人は他人にヴィーガンになれとは言わない。

 

肉を過剰摂取していた人が菜食に変えたら身体が楽になったとか

何となく動物を殺したくないと思ったからヴィーガンになった人もいる。

 

 

お肉が美味しくなくなったとかそういう理由で菜食に切り替えたり、病気で肉が食えなくなった時期があってその流れで

といろいろな理由がある。

 

 

ヴィーガン過激派になった人の意見(Twitter調べ)

ヴィーガンになった人が言うには動物に対する搾取が嫌だからヴィーガンになった。

動物にだって生きる権利はあるんだ!可愛そうだから食べないんだ!

 

という強い意志を感じます。

 

 

畜産を動物への搾取、虐待と考えているため、そんな野蛮な行為に加担しないという強い意志を感じます。

 

他にも地球環境を守るため畜産による草木の伐採や糞やアンモニア、温室ガスなどの有害物質が出るため

肉を食べない事で畜産を縮小させて環境を守るという話です。

 

 

畜産をするために森林伐採をして土地を砂漠化させているという。それを防ぐんだ!という話も聞きます。

ただ、どちらかというと発展途上国の話な気がします。

 

 

 

 

ヴィーガンという生き方はとても美しく人々の目に映ります。

 

 

 

ただ、命を尊重した生き方を目指すというのは正しくはあるんだけど

根本的な部分で間違っているのはどんな動物とも共存できるはずだ!

 

 

という思い込みです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

個人的な反論

ヴィーガンになった人の考えには人間も獣であるという意識が薄い気がします。

特別な存在である人間が搾取されている動物を救うんだ!

というエゴイストな考えだと思います。

 

 

人間というのは雑食であったから繁栄できた。

そして、天敵を排除したり、得物を狩る事で繁栄してきた生き物。

 

 

そこを否定するというのは人類の繁栄の否定ではなかろうか?

動物から搾取している!ひどいという感覚ははっきり言えば拡大していくとキリがない。

 

 

動物への搾取!という考え方を拡大した時に植物に搾取を行っていないかと疑問に思う。

もしくは草食動物を食べるライオンなどの肉食動物をどうするのか?

ヴィーガンの人は動物園で飼っているライオンのエサをどうやって調達しろというのか?

 

 

食物連鎖をないがしろにした末路はそれこそ人類の終わり、地球の終わりになると思います。

極端な話、全人類が菜食主義に目覚めたとして今、畜産で飼われている牛や豚はどうするのでしょうか?

 

 

 

 

殺処分できないという事は野山に放つしかないです。

もしくは老衰するまで補助金で飼うのでしょうか?

 

 

野山に捨てて野性化したなら無秩序に草木を食べるだろうし

畑の野菜を食べに来る可能性もあります。

更に言えば草食動物が豊富になる事で肉食動物が増えてしまうのではないでしょうか?

 

 

畜産をする事で環境破壊が進むと主張しますが農業だって環境破壊です。

焼き畑をしたりするという点で、畜産と大差はない。

畜産を止める事で牛や豚が食べていた穀物を人間に回せるという話もあります。

 

 

 

ただ、それって技術的な問題だと思ったりします。

リサイクルが出来ていないから牛や豚のエサや牧場を作るために森林を伐採する。

牧草などを育てるリサイクルができていないだけだと思います。

 

 

畜産用の穀物や牧草を確保しつつも人間用の食べ物も確保する。

まとめ

ヴィーガンが肉、魚、卵、乳製品を食べなくなった理由は

 

  1. 動物からの搾取を止める
  2. 環境破壊を止めるため
  3. 健康のため

こういう理由ですが、何となく賛同できないのは

食べるために殺すという人間の原罪に今更、気づいておびえているような印象が滑稽

 

 

食事をするという事に対して真摯な考えをしてこなかった事と人間だって動物、獣であるという

当たり前の事を忘れているような理論だと感じるからです。

 

 

ヴィーガンの方が最終的に仙人となる人たちのようですが一ナマモノである@kesuikemayakuとは全く別世界に生きているんだろうと感じます。

彼らの正義というのは畜産を営む人にとっては悪だろう。

 

 

ヴィーガンになった理由は美しくても極端な考え、極論を言ってしまえば人間が生きづらい世の中になるんじゃないだろうか?

ではでは(^ω^)ノシ

 

スポンサーリンク


-食事の雑学
-